仲間で手を取り合い山間地農業を活性化

ブログも只今連載中!!
メンバー(生産者)紹介
真島文夫代表取締役の下、総勢10人で楽しく活動しています。
時々行う作業後の反省会で、1杯飲みながらの稲作談義は年配組みと若手のいいコミュニケーションの場となっています。
熱が入ると、国の農業政策に及び、期待や不満を語り明かすうちに夜遅くなることもたびたびあります。
時には、大声の出ることもあるがわけ隔てなく好きなことの言い合えるいい組織です。 






【代表取締役】真島文夫

株式会社アスカ冬井
 自然環境を守り、安心安全な良食味の魚沼産コシヒカリ生産に取り組んでいます。ホタルが舞い、ドジョウ、沢カニ、サンショウウオが生育するきれいな水や、緑に囲まれた自然豊かな地域を発信し、農業体験を積極的に進め都市住民との交流促進を図り、山間地農業を守っていきます。平成21年から自然乾燥によるハザ架け米の生産に取り組んでいます。

農あるくらし
アスカ冬井は「農あるくらし」の小千谷で唯一のモデル地区です。「農あるくらし」とは、農業にかかわりのあるくらしなど、新潟県における定住・交流を指向する方々をうけいれる地区のことです。新潟県で3地区を設定した中に入りました。住民の合意で農業に興味や憧れている都会の方々をお迎し交流を図っています。

アスカ冬井の由来とシンボルマーク




株式会社アスカ冬井の由来とシンボルマークの説明
冬井の集落の仲間で手を取り合い山間地農業を活性化しようと言うことで名付けました。
アスカのアはAgriculture(アグリカルチャー)のA
アスカのスはSucrum(スクラム)のS
アスカのカはCountry(カントリー)のC


すべての生き物の源である太陽の赤
緑を育む大地の茶
太陽と大地が作り上げる稲穂の黄色
四季折々の自然の恵みを与えてくれる冬井の山々の緑


〔新着情報・更新履歴〕
2015.10.21 株式会社アスカ冬井
株式会社アスカ冬井の登記を関係官庁に提出し いよいよ株式会社としての運営が始まりました。

2010.01.22 2010年度活動報告追加しました。
2010年度活動報告として、「田友田植えイベント」、「農業生産組織連絡協議会」、「収穫祭」を追加しました。


2008.02.01 アスカ冬井ホームページ開設いたしました。
お客様のご要望にお応えできる農産物の生産を目指しております。今後も「お客様と共に」を貫き、さらなるサービス向上を目指してまいりますので、一層のご愛顧を何卒宜しくお願い申し上げます。





株式会社アスカ冬井
〔代表取締役〕真島文夫〔住所〕新潟県小千谷市川井4797番地 〔電話〕0258−86−2332〔FAX〕0258−86−6006
〔e-mail〕welcome@asc-fuyui.com