仲間で手を取り合い山間地農業を活性化
 住民の合意で農業に興味や憧れている都会の方々をお迎し交流を図っています。
みなさんもぜひ「農あるくらし」体験してみませんか。

2010年10月
収穫祭
 冬井の町内を市花の水仙で覆い尽くそうと毎年収穫祭と合わせて水仙の球根を植えています。
今までに約5000個を植えました。球根植えをした後は、みんなで今年の収穫を喜び、おいしいひと時を過ごします。


2010年10月5日
農業生産組織連絡協議会

 市長をはじめ、農林課課長、振興局、JA、の来賓を迎え小千谷市の8地区の生産組合が、農業機械の有効利用に
結びつけようと連絡協議会を立ち上げました。協議会長には、わが、「アスカ冬井」の代表が就任いたしました。


2010年5月
田友田植えイベント

  高の井酒造のお酒「田友」の酒米の田植えイベントです。 今年からアスカ冬井の田んぼで行いました。 全国から参加して頂き、お昼には魚沼産コシヒカリのおにぎりで昼食します。
翌年には「田友」の四合瓶1本参加者全員に届けられます。参加費は1000円です


2009年12月05日
就農・農ある暮らし相談会


  アスカ冬井の代表ほか1名で、御徒町で行われた農ある暮らし相談会に参加。今までの活動の発表とともに、ハザかけ米を持ち込みおにぎりにして参加者に食べていただきました。それと地元のお母さんがつけた野沢菜漬けも持っていき大変好評でした。体験で冬井に来てくれた方も2人参加され、久しぶりの再会に喜びもひとしおでした。


2009年9月10日
農ある暮らし「ハザかけイベント」

 晴天で絶好のハザかけ日よりの1日でした。アスカメンバーの家族のほか、8名の参加者を迎えて心地よい汗をかきました。約1反(1,000u)の田の稲を刈り、ハザにかけ終えたのは夕がたの5時。
稲の束を田んぼから担ぎ出しハザ場まで運び、稲をハザ木にかける。昔取った杵ヅカでも最近はめったにしないので、最後はフラフラになりました。 昼食の新米のおにぎりは、大変おいしく好評でした。

稲投げは体が忘れない

作業の合間の昼食
新米のおにぎりと自慢のつけもの



株式会社アスカ冬井
〔代表取締役〕真島文夫〔住所〕新潟県小千谷市川井4797番地 〔電話〕0258−86−2332〔FAX〕0258−86−6006
〔e-mail〕welcome@asc-fuyui.com